建築費はアパート経営の不安の種

「アパート 建築費」の事に関する情報サイトです。
アパート経営には必須となる巨額の建築費。マンション投資とアパート経営ではどちらの方が良いのでしょうか?

建築費はアパート経営の不安の種

アパート経営は建築費の融資額とメンテナンスが大事。

それを除けば個々にメリットがあります。

どちらを選ぶか、ポイントになる事柄をお話ししてみましょう。

☆問題は融資額。

どちらにもメリットはある。

アパート経営にもマンション経営にもメリットはあります。

アパートの場合、多額の建築費が必要になりますが、更地にして所有するよも税法上の優遇措置が受けられます。

空地の有効利用にもつながります。

建築費をいくら融資してもらうかにもよりますが、たとえば建築費がトータルで5,000万円だとして、2,000万円程度の借入れなら、比較的負担にならずに返済していけます。

問題は立地環境とメンテナンスにあります。

マンションの場合は1戸単位の購入になるので、建築費のような多額の借金を背負わなくても良いのが第1のメリットです。

☆アパート経営は立地環境と後継者が決め手。

アパート経営とマンション投資のどちらが良いかは、オーナーの置かれた環境や年齢などによります。

老後の安定収入にアパートをと考えるのであれば、後継者をきちんと決め、メンテナンスや管理・運営などの計画もこまめに実行していきましょう。

多額の建築費の他に、メンテナンス費用・設備の更新費用のことも考え、それを含んだ融資プラン、返済プランを金融機関に申し出ておくと良いです。

建てたままではすぐに陳腐化し入居者がつかなくなります。

☆アパートとマンションでは、かかる負担がまるで異なります。

そのことを認識して多額の建築費を投じても大丈夫かを診断しましょう。

※どのくらいかかる?…アパート・マンション経営における建築費の相場と必要資金 - 土地活用の窓口

マンションは中古であれば、立地の良いところでも3,000万円台でもあります。

アパートは立地の良さが絶対で5,000万円程度の建築費用がかかり、設備の更新・メンテナンス費用がかかります。

じっくり考えて結論を出しましょう。