キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 入居者にとって魅力あるアパートとは : 気になるアパート建築費の事

入居者にとって魅力あるアパートとは

「アパート 建築費」の事に関する情報サイトです。
入居者に魅力ある、空室率の低いアパートとは?建築費を抑えても実現可能なのでしょうか。

入居者にとって魅力あるアパートとは

入居者にとって魅力あるアパートというのは、セキュリティレベルの高い物件であり、間取りが広く開放感のあるアパートです。

それらの概要を含めて今時のアパート事情を整理してみましょう。

☆建築費を安く抑えるのは困難。

建築費用はアパートの室数や立地条件・土壌の質などによって決まりますので、“安い費用に抑えたい”といっても限界があります。

建築費は東京都内23区で4,000万円~5,000万円、東京都下で4,000万円(6戸・2階建て)が相場です。

旗竿型の敷地、傾斜地などはそれぞれ地盤補強・資材搬入の手間などがあるので、高めになります。

また建築費を安く抑えようとするあまり無理なお願いをすると手抜き工事に通じてしまうので注意しましょう。

☆ポイントは間取り・収納・セキュリティ。

間取りが広く収納スペースがたっぷりあって、セキュリティのしっかりしたアパートが人気です。

リビングとダイニング・キッチッンを区切らずに、思い切ってワンルーム仕様にして開放感をもたせるのが現代風のアパートです。

建築費がかさみますが、エントランス部分のオートロックや指紋認証システム、留守でも受け取れる宅配ボックスなどを完備すると女性からの人気が高まります。

可愛くてきれいなアプローチ、外壁の模様・色彩、植栽プランなども大事です。

☆建築費を安く抑えて、なおかつ空室率の少ない人気のあるアパートというのは、残念ですが現実的ではありません。

セキュリティをしっかりさせて間取り・外壁などに工夫を凝らそうとすれば、建築費はかさみます。

「戸数を少なくして専有面積を広くする、その代わりに先進的」といった戦略で家賃を高めに設定する戦略もあります。